So-net無料ブログ作成

古舘葵「うん、まだ伸びる!」/研究生「PARTYが始まるよ ~研究生の息吹を感じて!~」公演 昼公演・夜公演@NGT48劇場 19-01-27(日)

【NGT48 Rebuild】6日前になってようやく対応 2月1日から3日の劇場スケジュールを発表

 NGT48劇場1月後半スケジュールを大幅に変更。チームNIII、チームG公演を中止して、研究生公演を大胆に組み込んできた新運営。現在、01-28(月)を除き、研究生公演7日間8公演を実施中。

 AKB48グループチケットセンターのNGT48劇場公演への申込は、一番最初が県内枠・県外枠の公演11日前。11日前を過ぎても02-01(金)以降のスケジュールはなかなか発表されず。そんなこともあり、管理人は週半ばに早く02-01(金)以降のスケジュールを発表して欲しいと要望していました。それでもなかなか発表されず、ようやく昨日01-26(土)になって、02-01(金)~02-03(日)のスケジュールを発表。劇場公演は組み込まれませんでした。

 01-26(土)は02-06(水)の11日前なので、最低02-06(水)までのスケジュールを発表して貰いたかったところ。次のスケジュール発表の際には、チームNIII、チームG公演の予定を組み込んで欲しいので、それまでの期間、研究生のアンダー対応の期間としてくれるならば、02-01(金)~02-03(日)のスケジュールは致し方ないかなと思います。



---
 管理人は今日も引き続き新潟市内。新潟市は昨夜に雪が降り続いて、昨日の朝の状況、道路が真っ白な状態に戻っています。新潟地方気象台の昨晩から今朝までの予想降雪量は、新潟市のある下越海岸部で平均10cm、最大20cmの予想でした。アメダスを見ると、新潟市中央区の降雪量は10cmに満たないようです。※積雪量ではない。寒波は抜けたようで、新潟市の大雪注意報は解除。お昼くらいまでは雪が降りやすい状態が残るようです。

 NGT48劇場での「PARTYが始まるよ ~研究生の息吹を感じて!~」昼公演のキャンセル待ちに並ぶため、このあとNGT48劇場に向かう予定。01-25(金)の公演から4公演連続で“引っかかりました” が、昨日の夜公演同様、一般枠のキャンセル待ちで整理番号も大きな数字なので期待薄です。昨日の夜公演は整理番号60番くらいまで? 入ることができれば、NGT48公演鑑賞は通算67回目(NMB48劇場出張公演1回含む)。※NGT48劇場でのイベント開催(上映会、2期イベント)でほかに3回。入れなかった場合は、NGT48 LIVE!! ON DEMANDで視聴対応へ。

 研究生「PARTYが始まるよ ~研究生の息吹を感じて!~」昼公演(6回目/444回目/462回目)、夜公演(7回目/445回目/463回目)。



 今日のキャンセル待ち、対象内20、対象外16。※管理人入場できず。管理人の研究生公演3days(01-25(金)~01-27(日))トライは、“引っかかった” のが5公演中4公演、うち入場できたのは01-25(金)夜公演、01-26(土)昼公演の2公演でした。



 昼公演影アナ:かいり(佐藤海里)。



【公演のひとこま】
 自己紹介、劇場公演での自分のアピールポイントについて。
さら(小見山沙空):「「スカート、ひらり」のソロパートです。いろいろ指差しとかあるので、そこに注目して観て貰えたら」
ちゅしま(對馬優菜子):「私が出演するユニット(「スカート、ひらり」)、私のひとりで唄うのパートが1箇所だけなので、そこをみなさんには絶対に私のことを観て欲しい」
みゆみゆ(藤崎未夢):「この中で一番身長が高くて、衣装がみんなより短いので、そんな自慢できるようにな脚ではないんですけど、ぜひ注目してみてください」
てらひな(寺田陽菜):「「スカひら(スカート、ひらり)」は2回、「星の温度」は1回ソロのパートがあるので、そこにを注目してたくさんコールもしていただけたら」
はるちゃん(小越春花):「「大人になる前に」を観て欲しくて。高校2年生以下のメンバーだけでやってるんですけど、可愛くて幼い感じが出ていると思う。みなさんの心にズッキュン!! ってできたらいいな」
みりぃ(山崎美里衣):「目が合った人全員にレスを送るっていうのを心がけてる」
ななみん(大塚七海):「アンコールにも注目して欲しくて。「佐渡に渡るに」参加させていただいてるんですけど、本編の曲とは違って、セクシーに大人っぽく踊ってるので注目していただいて」
ゆーちゃん(富永夢有):「ダンスが苦手なので、誰よりも大きく踊って、うるさいって思われるぐらいに、大きく踊ることを意識している」
あおちゃん(古舘葵):「ユニットの「クラスメイト」なんですけど、ちかなちゃん(安藤千伽奈)と一緒にいて、あおの中では同級生みたいな感じでやってるんですけど。と思ってたんですけど、お姉ちゃんと妹みたいだねっていわれる」
あんどぅー(安藤千伽奈):「注目ポイント、実は終わっちゃっていまして。「Dear my teacher」に入るところ、先生が好きになっちゃった~ っていう感じの曲じゃないですか? 曲の切り替え、表情の切り替えを観ていただけたら」
ひのちゃん(三村妃乃):「普段すごく大人っぽいといわれることが多いんですよ。実際、16歳なんだけど。この公演、はっちゃけた曲が多いじゃないですか? しかも、高校2年生以下の「大人になる前に」があります。いつも見られない三村妃乃がお見せできる」
ゆめたん(曽我部優芽):「「Maxとき315号」なんですけど、そこの花道でかほ(真下華穂)と熱いハグを交わしてる」
さあや(川越紗彩):「ユニットの「星の温度」の悲しげな表情に注目して観ていただけたら。あと、「佐渡へ渡る」でセクシーな私を観て欲しい」
まっしー(真下華穂):「幼いねっていわれガチなんですよ、顔が。19歳なんですけど、幼いねっていわれることが多いので、そのギャップみたいなのを生かして、ユニットの「キスはだめよ」のいつもとは違う表情が観られるんじゃないかな」
かいり(佐藤海里):「「桜の花びらたち」なんですけども。DMMだと私の左半身だけしか映らなくて。悲しいので、劇場に来ていただいた方には私の右半身も、全身観ていただけるように」
ななみぃ(高橋七実):「「桜の花びらたち」でちょうど今と同じ位置に立って唄わせていただいてるんですけども。下手側のカメラから抜かれることが多くて、動かないから見やすいという意味で劇場にいるみなさんもそうですし、DMMでご覧の方も下手のカメラからたくさん私を見つけてくれたら嬉しいなって思います」

 MC(折り返し)、NGT48の着たい衣装、好きな衣装。
ひのちゃん:「「世界はどこまで青空なのか?」をめちゃくちゃ好きなんですよ。どんな落ち込んだときもあの曲聴けば、なんとかなるっしょ!! っていう、本当にそれくらい好きなんですよね。あの衣装を着て、センターに立って唄うことがひとつの夢です。研究生でいつか披露することがいつかあったらやってみたいです。誰か観てる? 偉い人?」
ななみぃ:「1stシングルの「青春時計」のあの赤い衣装を着てみたいなってすごい思ってます。リボンとかがついていたりとか、ほかのグループにはないようになってるので着てみたい。あんどぅーはリクアワかな?」 ※フィッティングのとき、すごいハラハラしたとあんどぅー。
あんどぅー:「「世界はどこまで青空なのか?」と「世界の人へ」 最近、ロングスカートが好きで。長いスカートって、身長が高くないと似合わないイメージがあるんですよ」 ※じゃあムリですね! とさら。頑張って身長伸ばすからとあんどぅー。あおがいるよとあおちゃん。でも、あおちゃん、中2だからね? とさら。うん、まだ伸びる! とあおちゃん。
みゆみゆ:「この着てる朱鷺衣装。先輩方も初めていただいた衣装ですし、NGT48といえばという衣装だと思うので。私自身、1度悔しい思いをしていて、この衣装を着るのに時間がかかったので」
あおちゃん:「好きな衣装、「ナニカガイル」の衣装が一番大好きで。NGTを募集するってなったとき、あんまり分からなかったんですよ、NGTが。でも、「ナニカガイル」を先輩たちの名前が出てくるじゃないですか、MVで? あれをすっごい観て、めちゃくちゃ観て、毎日観て覚えられて。前に着られたときがあって、すれがすごい嬉しい」
さら(小見山沙空):「「誇りの丘」公演の「左の腕で連れ去って」の衣装が大好きなんですよ。ひとりひとり個性のあった衣装で」

 MC(アンコール)、「佐渡へ渡る」の振付で自分が一番セクシーだと思うところ。
みゆみゆ:「お気に入りのところは、伝染してた♪ のあとの。(全員でフリ披露)」



 DMM.com NGT48 LIVE!! ON DEMAND公演レビューは出演メンバー全員。



【評価】
MC(5段階評価) … ☆☆
パフォーマンス(5段階評価) … ☆☆
総合評価(10段階評価) … ☆☆☆☆☆



---
 夜公演影アナ:ゆめたん(曽我部優芽)。



【公演のひとこま】
 自己紹介、NGT48の好きな楽曲について。
さら(小見山沙空):「新潟を説明しているような歌詞で、さっき披露した「NGT48」という楽曲が大好き」
ちゅしま(對馬優菜子):「「青春時計」なんですけど、1stシングルの。私が初めてNGTのイベントに行って、メンバーさんを観たのが、デビューを記念したイベントだったので、ECOスタジアムで開催されていたイベントだったので、そのときに初めて披露されているのを観て、すごくいいなと思って。NGTが大好きになったきっかけの曲なので大好きです。この間、リクアワで初めてアンダーとして出させて貰って、披露させて貰って、すごく嬉しかったので、すごい自分の中で思い出のある曲です」
みゆみゆ(藤崎未夢):「「Soft serve」なんですけど。この曲は、ファンの方と一緒に協力をして、初めて自分が入れた曲」
てらひな(寺田陽菜):「「みどりと森の運動公園」っていう曲なんですけど。オーディションの最終(審査)で唄ったというのと、新潟にある公園なんですけど、小さいときによく遊んでいたりしたので、すごい思い出のある曲」
はるちゃん(小越春花):「「青春時計」です。万代のすごいキレイな道路じゃないですか? 文字が書いてあって。そこでMVで撮られていて。すごいキレイだったなと思って。万代とかもいつもお世話になっているので、すごいいい曲ですね。歌詞も青春感があって」
みりぃ(山崎美里衣):「「下の名で呼べたのは…」という名曲です。加入して初めて見学させていただいた公演が研究生公演だったんですよ。最後の方で「下の名で呼べたのは…」を聴いたときに泣いちゃって。こんなにいい曲があったんだ」
ななみん(大塚七海):「「僕の涙は流れない」です。メロディーが一番好きで。加入する前からずっと聴いていた」
ゆーちゃん(富永夢有):「「今日は負けでもいい」という曲です。一番思い出がある曲で。好きなのは2番の歌詞なんですけど、本当に共感できる」
あおちゃん(古舘葵):「「ナニカガイル」です。オーディションを知ってから、書類を出したあともずっと聴いていた曲。今聴くと、そのときのことを思い出して、懐かしいなって」
あんどぅー(安藤千伽奈):「「空き缶パンク」っていう楽曲が好きなんですよ。NGTの曲って、ほんわかした曲が多いなって思ってたんですけど。いきなりロック系来たかっていうぐらいビックリしちゃって」
ひのちゃん(三村妃乃):「「世界はどこまで青空なのか?」です。何がいいって、歌詞がいい。めちゃくちゃ好きなんですよ。好きすぎて、最終オーディションの歌のときは唄わせいただいたくらい」
ゆめたん(曽我部優芽):「「下の名で呼べたのは…」なんですけど。私の大好きで大好きで愛してやまない先輩が唄ってらっしゃる楽曲で。初めて聴いたときに、みりぃと一緒ですごい泣いちゃって」
さあや(川越紗彩):「「Maxとき315号」がとっても好きで。加入前からずっと聴いていた曲。オーディションに来る途中もずっと聴いてたくらい大好きな曲です。研究生でやらせて貰う機会も多くて。お披露目のときに披露したときに泣いてしまったくらい大好きな曲」
まっしー(真下華穂):「「僕の涙は流れない」という曲なんですけど。さっき、大塚七海がいっていたじゃないですか? 私、楽屋で「僕の涙は流れない」にしようかなみたいなこと話していて。そのときに、ななみがいたかどうか分からないんですけど、ななみがいっちゃった! と思って」
かいり(佐藤海里):「「Soft serve」です。総選挙のときのイベントで、ファンの方と一緒に頑張っていただいた楽曲だからです。朝5時だったり、夜遅くだったり、いろんな時間、ファンの方と一緒に過ごした、宝物のような本当に本当に大切な曲。もし、来年(今年)もこういうSHOWROOMのイベントとかがあったら、今度はAKBさんのSHOWROOM選抜には入れるように頑張りたい」
ななみぃ(高橋七実):「「暗闇求む」という曲なんですけど。某動画サイトで観たんですけど、最初に。最初のイントロの部分のピアノの演奏のところでグッと心を持っていかれて。ダークな感じのメロディーなのに、すごい引き込まれる部分があって、今でもよく聴いています」

 MC(折り返し)、学校の給食について。
ななみぃ:「宮城県ではずんだ餅が出ていました。すごい人気メニューだったんですね。私もおかわりっていうタイプじゃないんですけど、じゃんけんに参加して、ずんだ餅を勝ち取ったこともありました」
あんどぅー:「好きな給食のメニューは、ミノムシの唐揚げ。鶏のささみに何かトゲトゲしたやつをやって、ミノムシっぽく見える唐揚げ。ミノムシを食べる訳じゃないですよ、長野県民は」 ※知らな~いとメンバー。
さら:「のっぺ汁が大好きでした。5杯も6杯もおかわりをして食べてました」
ひのちゃん:「ゼリーフライっていう、埼玉県行田市が発祥のおからを素揚げしたコロッケがあるんですよ。ゼリーの揚げたの? ってなるんですけど、銭が訛って、銭の形をしてるんですよ。それが訛って、ゼリーフライ」
みゆみゆ:「印象に残っているのはセルフおにぎり。おっきい海苔とお茶碗にご飯が盛られて、梅干しがおかずでついてるんですよ。自分で握れってことなんですけど」

 MC(アンコール)、研究生公演前半の感想、後半へ向けての意気込み。
まっしー:「今日も雪とか降っていましたよね? 積もっていただけか? 滑りそうな中でもみなさん来ていただいてありがとうございます。私たちも一生懸命、滑りそうな中、来てよかった、また来たいなって思っていただけるくらい、フルパワーMAXで一生懸命どんどん突っ走っていきたいと思います」




週刊プレイボーイ 2019年 2/4 号 [雑誌]

週刊プレイボーイ 2019年 2/4 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 雑誌
  • 掲載: 荻野由佳、加藤美南、中村歩加



B.L.T.2019年3月号

B.L.T.2019年3月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2019/01/24
  • メディア: 雑誌
  • 掲載: 中村歩加、奈良未遥



AKB48Group新聞 2019年1,2月合併号 (限定生写真1枚セット)

AKB48Group新聞 2019年1,2月合併号 (限定生写真1枚セット)

  • 作者: KimiBoku
  • 出版社/メーカー: KimiBoku
  • 発売日: 2019/01/25
  • メディア: 雑誌





 DMM.com NGT48 LIVE!! ON DEMAND公演レビューは出演メンバー全員。



【評価】
MC(5段階評価) … ☆☆
パフォーマンス(5段階評価) … ☆☆
総合評価(10段階評価) … ☆☆☆☆☆
nice!(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1